ブーケ・装花を選ぶ
カレンダーに戻る
会場を選ぶ
ブライダルフェアに参加
会場を決める
結納の日程、場所を決める
リングを探す
ハネムーンを選ぶ
ギフトを選ぶ
ドレスを選ぶ
招待状を送る
プロフィールを作る
二次会会場に選ぶ
エステに行く
演出を選ぶ
ブーケ・装花を選ぶ
ヘアスタイルを選ぶ
両親へ手紙を書く
当日の持ち物チェキシート印刷

ニュースタイルのプチギフトはいかが?
ブーケ 花嫁を引き立ててくれる必須アイテムのブーケ。ブーケには、実はしおれたりしないように一本一本ワ...
装花 会場の華やかさに大きく関わる会場装花。特にゲストテーブルに置かれる装花は豪華にしたいですよ...
Step14-2装花

会場の華やかさに大きく関わる会場装花。特にゲストテーブルに置かれる装花は豪華にしたいですよね。でも、実は意外なほどかかる、会場装花の費用。。出来ることなら節約したい数字です・・。まずは、どこでどれだけの装花が使われるのか見ていきましょ。

金額の相場

10~30万円

会場装花の使用される場所

挙式会場(教会挙式)

イメージ教会式

披露宴会場(ホテル)

イメージ披露宴会場

装花の節約術

まずは会場に外部からの持ち込みが可能かどうか確認しましょう!もし可能であれば持込を検討してみてください。ブライダル専門のフラワーアレンジメント業者に頼んだ方がコストを抑えられることもありますし、豊富なバリエーションを用意しているので会場の雰囲気もよりオリジナリティが高まります。
あとは、受付やウェルカムボードの装花を自分たちで用意したり、アートフラワー(造花)を取り入れて生花のコストを抑えたり、花以外のもの(葉やリボンなど)でボリュームを出すなどして、豪華さを欠くことなくプライスダウンする事ができるでしょう。

お持ち帰りできる装花が人気

イメージ3

結婚式の素敵な思い出だし、せっかく美しいフラワーたちなので、持ち帰って余韻を楽しみたいものです。
生花だとキレイな期間が短いので、最近は長持ちするように特殊加工された「ブリザーブドフラワー」が人気です。
ゲストテーブルの装花にはブリザーブドフラワーを使って、自由に持ち帰ってもらうと喜ばれますよ☆





ブーケ | 装花 

一括請求BOX

資料請求
内容を確認・変更
見学予約
内容を確認・変更
ブライダルフェア予約
内容を確認・変更

まとめて資料請求・見学予約