エステに行く
カレンダーに戻る
会場を選ぶ
ブライダルフェアに参加
会場を決める
結納の日程、場所を決める
リングを探す
ハネムーンを選ぶ
ギフトを選ぶ
ドレスを選ぶ
招待状を送る
プロフィールを作る
二次会会場に選ぶ
エステに行く
演出を選ぶ
ブーケ・装花を選ぶ
ヘアスタイルを選ぶ
両親へ手紙を書く
当日の持ち物チェキシート印刷

ブライダルエステ 「エステ=セレブ」なイメージ?でも、約70%近くの花嫁がブライダルエステを体験!お肌がツルツルに...
ネイル 指先まで気を抜かずにしっかりとコーディネートしましょう。ネイルと言っても、たくさんの種類があります...
メイク 経験者に聞いてみると意外に失敗談が多いブライダルメイク。綺麗に仕上げるためには「肌」のお手入...

経験者に聞いてみると意外に失敗談が多いブライダルメイク。綺麗に仕上げるためには「肌」のお手入れが重要。寝不足などは肌荒れの原因になるので、挙式当日まではしっかり睡眠をとり、お肌の調子を整えておきましょう。

ブライダルメイクとは?

ドレスやヘアスタイルを選ぶ際、どんな雰囲気がいいかイメージするのはもちろんですが、メイクだって同じです。ブライダルメイクとは、花嫁をより引き立たせることができるメイクなんです。テイストを統一させて、トータルコーディネートしよう!

ワンポイントアドバイス

目元

顔の印象を決める目元はとても大切。
目で想いが伝えられるような目元にするには、優しさの中に強さが感じられる目の際にアイライナーなどで強さを引き出すことがポイントです。アイシャドウは淡色グラデーションで花嫁のエレガンスを最大限に引き出してください。以前はつけまつ毛をしたりしていましたが、最近はまつ毛パーマをする人が増えてきています。

チーク

花嫁のチークは「幸せ感」をかもしだす大切なアイテム。笑顔が可愛く素敵に見えるよう淡い色を頬骨の中心からまわりにふんわりぼかすように使用しましょう。
花嫁を一層きれいに見せ、誰からも愛される花嫁顔になりますよ!

注意すること!

・眉毛の書きすぎ
・ハイライトの入れすぎ
・口紅が濃すぎ
・チークが濃すぎ

この四つを失敗することが多いようです。
メイクをお願いするときは、きちんと自分のイメージを伝えられるように切り抜きを持っていくことがオススメです☆


メイクリハーサルのとき、あると便利なもの

カメラ

自分ではメイクが濃いと思っていたけれど、写真で見るとちょうどよかったという人が多いようです。また、リハーサルと当日の担当者が異なる場合もあるので、しっかりと記録しておきましょう。

目薬

リハーサルの時間は2時間前後が平均のようです。特にコンタクトをしていると目が乾きやすくなるので、目薬があると便利です。

リップクリーム

意外と用意されていることが少ないリップクリーム。最近は保湿効果の高い口紅も多いけれど、唇の荒れが心配なら持参しましょう。

基礎化粧品

用意されている基礎化粧品を使って肌が荒れてしまったという人も少なくないようです。肌が弱い人は、普段使っている基礎化粧品を持っていくと安心です。

シアーパウダー

顔だけではなく、デコルテや背中にキラキラとしたシアーパウダーをつけると、素肌をキレイに見せてくれる効果もありますよ。

マスカラ下地

マスカラ下地は用意されていないところが多いようです。まつ毛を保護するだけではなく、ボリュームアップ効果もあるので、目ヂカラUPには欠かせません。

確認すること!

・基礎化粧品やマスカラ下地など、メイク道具の持ち込みは可能か
・リハーサルと当日のメイク担当者は同じか
・やってもらったメイクと、自分がしたいメイクが合わない場合などに、知り合いや自分でのメイクは可能か


この三つは必ず確認しましょう。
リハーサルをしっかりして、納得のいくメイクで当日を迎えましょう!



一括請求BOX

資料請求
内容を確認・変更
見学予約
内容を確認・変更
ブライダルフェア予約
内容を確認・変更

まとめて資料請求・見学予約