STEP9招待状を送る
カレンダーに戻る
会場を選ぶ
ブライダルフェアに参加
会場を決める
結納の日程、場所を決める
リングを探す
ハネムーンを選ぶ
ギフトを選ぶ
ドレスを選ぶ
招待状を送る
プロフィールを作る
二次会会場に選ぶ
エステに行く
演出を選ぶ
ブーケ・装花を選ぶ
ヘアスタイルを選ぶ
両親へ手紙を書く
当日の持ち物チェキシート印刷

招待状の基礎知識 招待状とは、結婚式にお招きするための案内状。当日持参する招待状は、会場の内装や装花とも 調和のとれた色・デザインにすると◎「結婚式の招待状」という...

  

  

Step9-1招待状の基礎知識

招待状とは、結婚式にお招きするための案内状。当日持参する招待状は、会場の内装や装花とも調和のとれた色・デザインにすると◎
「結婚式の招待状」というと「披露宴」の招待だと思うのが一般的。式へは呼ばれなければ参列しないのがほとんどです。

4ヶ月前まで
3ヶ月前
1ヶ月前
招待客リストを作成し、差出人を決める。 紙質やデザインを決定し、ショップにオーダーし、発送する。 出欠の返事が遅れている人には電話で確認をする。

招待状に明記すること

差出人

最近では新郎新婦ふたりの名前で出すカップルも増えていますが、親が費用を負担する場合は、差出人も親の名前にするのが正式です。

日時

「何年の何月何日何曜日」なのかと、「開場時間」、「開始時間」も明記しましょう。

場所

会場の正式名称と、愛称が有名なら愛称も書き添えましょう。「住所」はもちろん、「電話番号」や「案内図」もあるとより良いです。

出欠の確認

返信用のハガキも同封しましょう。

発送月と返信期限。

返信期限は挙式の1ヶ月ほど前の大安にすることが多いようです。

同封するもの

招待状本状

これが同封されていないと何の案内かわかりません。入れ忘れがないようにしっかり確認しましょう。

返信用ハガキ

受取人となる二人の住所と名前を明記し、切手も貼付しましょう。

会場案内図

会場がわかりにくい場所にある場合、「最寄の交通機関からの案内図」や「会場周辺の詳細図」、「駐車場の有無」もあると親切です。会場によっては用意してある所もあるので、確認してみましょう。

挙式案内状

招待状だけ届くと、披露宴の招待だと思う人が多いので、挙式へ招待する場合は、挙式の時間や場所を記載した簡単な案内状を別途同封しましょう。

付箋

祝辞、乾杯、余興、受付などの依頼を記載するカードを「付箋(ふせん)」と呼びます。付箋を招待状に同封することはもちろんですが、依頼する人には事前に電話や直接会ってお願いしておきましょう。

Point!

☆ 典型的な例をもとにアレンジするのが一般的。
「いつ、どこで、だれが、どんな結婚式を行うか」を分かりやすく明記することが大切です。


「お祝い事には終止符を打たない」というように、招待状の文章は「、」や「。」などの句読点を使わない
段落の行頭も空けないのがしきたりです。

「忌み言葉」と言って「切れる」「去る」「枯れる」など別れや終わりを連想するような言葉を
使うのはタブーです。
繰り返しを意味する「重ね重ね」「再び」などの言葉も良くないと言われています。


☆ 招待状は、重さや大きさから定形外料金となる場合があるので、重さを確認して金額を
あらかじめ確認しておきましょう。
封筒や返信ハガキに貼る切手には慶事用切手(鶴、寿、ハートの図柄)が好んで使われているようです!



招待状の基礎知識

一括請求BOX

資料請求
内容を確認・変更
見学予約
内容を確認・変更
ブライダルフェア予約
内容を確認・変更

まとめて資料請求・見学予約