Step6ハネムーンを選ぶ
カレンダーに戻る
会場を選ぶ
ブライダルフェアに参加
会場を決める
結納の日程、場所を決める
リングを探す
ハネムーンを選ぶ
ギフトを選ぶ
ドレスを選ぶ
招待状を送る
プロフィールを作る
二次会会場に選ぶ
エステに行く
演出を選ぶ
ブーケ・装花を選ぶ
ヘアスタイルを選ぶ
両親へ手紙を書く
当日の持ち物チェキシート印刷

のんびり過ごしたい人もいればできるだけたくさんの場所に行きたいという人もいるはず。結婚式同様、一生に一度のハネムーンも気を抜かないでふたりのイメージ...

  

  

Step6-1ハネムーンの知識

のんびり過ごしたい人もいれば、できるだけたくさんの場所に行きたい!という人もいるはず。結婚式同様、一生に一度のハネムーンも気を抜かないで、ふたりのイメージを形にできるようにしっかり計画立てましょう!

5~4ヶ月前 3~2ヶ月前 1ヶ月前 10日前
目的地などを検討 。 トラベラーズチェックの手配、パスポートやビザ゙の申請、旅行代金の準備・支払い。 予約したホテルや乗り物のチケットが手配出来ているかを確認。 持ち物を確認し、必要な物は買い出しに行く。

ハネムーン選びのポイント

働いていると長期休暇が必要になりますが、ここで遠慮してハネムーンの日数を減らすと後悔することがあるようです。また、挙式の1日か2日後に出発するカップルが多いですが、スケジュールが合わない場合には、二人のスタイルで計画しましょう。

旅行の日程・日数

ハネムーンの平均日数は7.4日。年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどのピークシーズンは日本人に人気の観光地は避けたほうが無難かもしれません。また、ハネムーンから帰ってくるとすぐに日常生活が始まりますので、ゆとりを持って日程を計画しましょう。

予算

旅費の平均は2人で47.6万円。空港までの交通費やお土産代などでプラス25万前後。合計70万~80万円が平均です。
結納や挙式、披露宴、新居にもお金がかかりますので、ハネムーンも全体の予算内で考えよう。

ツアー内容

アクティブに動き回るよりも、二人でのんびりと旅行したいカップルが多いようです。また、挙式後すぐに出発する場合は、疲れがたまっていることも考えると、強行スケジュールは避けたいですね。

航空会社

特に海外に行く場合、経由や乗り継ぎなどで想像以上に到着まで時間がかかることがありますので、しっかり確認しましょう。

プチ情報

姓の変更の届出

挙式後すぐ海外へハネムーンに行く場合は、婚姻届を事前に提出しておきましょう。戸籍に婚姻したということが反映されるまで、約2週間程かかります。パスポートを新しく発給する場合、その戸籍を持ってパスポートの申請をし、1週間から10日後に発給となります。また、クレジットカードを利用する場合もカード会社へ変更の申請をしましょう。カード会社によって期間が異なるので、各カード会社に確認してみましょうね♪

おみやげ

ハネムーンの費用の4分の1がおみやげ代になると言われています。両家の親はもちろんですが、長期休暇をとった場合、職場の人たちは欠かせません。披露宴や二次会でお世話になった友人や知人、帰ってきてからすぐに顔を合わせる予定の人たちには、忘れずに買いましょう。
日持ちのしないものは、前日や当日に確実に買えるように購入できる場所をチェックしておくのも忘れずに。
また、買い忘れのないように、定番ですがおみやげリストを作ることがオススメです。

バッテリー類

デジカメやビデオカメラ、携帯電話、パソコンなどを持っていく場合はバッテリー類も忘れずに。ハネムーン先の電圧の確認もしておきましょう。

化粧品

海外・国内問わず、宿泊先のホテルに化粧品類などが置いてあるところも多いけど、普段と違う化粧品を使って肌が荒れてしまったという人が少なくないんです。ハネムーンは記念写真を撮る機会も多いので、普段使っている化粧品を持って行くと安心かもしれませんね。


ハネムーンの基礎知識

一括請求BOX

資料請求
内容を確認・変更
見学予約
内容を確認・変更
ブライダルフェア予約
内容を確認・変更

まとめて資料請求・見学予約